matsu-fermat’s blog

数学や経済、IT、特に整数論

おすすめの整数論の本

代数的整数論の基本を学ぶのにこの2冊は本当に役に立った。2冊とも予備知識は理系大学一年生が必ず習う微積文と線形大学の知識しか仮定してない。 この2冊ともアプローチが違う。雪江明彦「整数論1 初等整数論からp進数へ」は局所化、付値を積極的に用いている。例や練習問題も多めだと思う。一方、藤崎源二郎「代数的整数論入門(上)」は例は少なめだが代数学の難しい部分はうまく避けてわかりやすく書かれていると思う。

数式練習

$$ \begin{equation} E = mc^2 \end{equation} $$
 y = x^a

{ \frac{d}{dx} \int_a^x f(t) \: dt = f(x) }

色々やり方があってややこしい。

一応TEXで文書作成したことあるけどね。 [tex:{数式の型がやりやすいかなぁ。

開設

主に数学ITに関連することを書きます。今は代数的整数論を専攻しています。2019年に就職予定です。

続きを読む